事業者を見分ける方法|安心安全の資産運用は頼れるFJネクストに任せよう

安心安全の資産運用は頼れるFJネクストに任せよう

事業者を見分ける方法

女の人

事業の社会的意義

サブリース事業は、主としてアパート、マンション等の建物を一括して借り上げ、それを分割またはそのままの単位で第三者に転貸する事業のことをいいます。不動産賃貸を事業として行っているオーナーは、自ら入居者を募り、物件の管理やクレーム対応等を行うのでこのようなサービスは基本的には必要ありません。しかし、日中に仕事を持っている人にとっては、勤務時間中に共用部分の水道管が破損した等の連絡を受けてもすぐ対応できません。また、そもそも、入居者をどのように募ってよいかノウハウもありません。特に不動産事業を行っている者を相続したサラリーマンなどはこの事業をどうしていったらよいか困るし、困るからといってやめてしまえば今度は入居者が行き場を失います。このような事態を避ける手法としてはサブリース事業は社会的に有益な事業であるといえます。

説明責任を負う業者

サブリース事業は、オーナーから賃貸する際に、入居者の募集や物件の管理、クレーム対応一切を行うとして、賃料相当額から一定割合の金額を受け取り、その金額を控除した金額を賃貸料としてオーナーに支払います。しかし、一般的にはサブリース事業者がプロであり、オーナーは素人です。宅地建物取引であれば、プロである業者が、借主である一般人に、物件に係る重要事項を説明する義務を負っていますが、このサブリースの構造を当てはめると、サブリース会社が借主となるのでサブリース会社が物件説明等をする義務は発生しません。この点に着目して賃貸料を安くする改定を行えるような契約でオーナーを搾取する業者もでていました。そこで、国において「賃貸住宅管理業務処理準則」を定めて、宅建業者が借主に説明すること、またサブリース会社に重要事項の説明義務を課しています。サブリースを活用する場合は、この重要事項説明を求めて誠実な対応をしてくれる業者かどうかが一つの見極めとなるでしょう。